渋谷手コキ風俗嬢の移籍事情

渋谷手コキなど風俗店のホームページをチェックしていると突如としていなくなり、その後たまたま違うお店の情報を見ているとその子らしい人の情報が掲載されている場合がある。それはお気に入りの女の子が、渋谷手コキなどの風俗を辞めたと思っていた人には朗報だと思う。ただ渋谷手コキでも様々なお店が存在し、なおかつ入れ替わりが激しいのがこの風俗業界。それだけに女の子が移籍してしまうことは少なくない。ではどういった理由でいなくなるのか、またどういったところに移籍するのかについて考察してみよう。

渋谷手コキなどの風俗店で女の子が移籍する理由として考えられる一例は、お店のスタッフとの折り合いが悪くなってしまったというケース。私が以前聞いた話によると、あるソープ嬢がスタッフと喧嘩しお店を飛び出してしまったとのこと。スタッフが間違えて女の子が出勤しない日に、出勤という情報をホームページに公開してしまったことがその理由。そのため多くのお客から予約が入っていたが、女の子本人が来ないため全てキャンセルとなった。そして何人かのお客とは連絡先も交換していたため、その件について女の子に連絡が入ったという。責任感も高くプロ意識も強かった彼女は「折角楽しみにしてくれたお客さんを裏切ってしまった」とショックを受ける。それと同時にスタッフに対して大きな不信感を抱き、ブログにそのことについて言及するほど怒りを露にしていたという。結局彼女はその後すぐにそのお店を辞め、他の渋谷手コキ店に移籍したようだ。人によっては当然と思うかもしれないし、わがままだと思うかもしれないケース。ただ渋谷手コキ店などにいる風俗嬢の中には彼女のようにこだわりも強い完璧主義者もいるため、このようなちょっとしたすれ違いが原因となることもあるようだ。

そして女の子の移籍先は人によって様々。何個かのお店を持っているグループの場合、他の系列店に移動している場合も多い。ただこれは女の子の意思というより、一般の会社でもよく見られる異動のようなもの。ただ渋谷手コキ風俗の中だけではこういったグループに所属しているというケースは少ない。しかし中には渋谷手コキ・デリヘル・ホテヘルなど様々な風俗業種を運営しているところもあり、ときにはそのような業種間での異動もあるということだ。

しかし渋谷手コキ嬢が自分の意思で移籍した場合は、このように同じグループの系列店に所属することはまずない。自分の能力を考え今より稼げる、ここならもっとお客を増やせるという目論見を持って移籍する。また人づてで良いと聞くお店に移籍するケースもあるだろう。そしてそういった移籍の多くは業種間での移動となるが、中には違う業種のお店に移動する人もいる。例えば渋谷手コキ系風俗にいたが自分の容姿に自信があり、もっと稼いでみたいと高級デリヘルに移るなどのパターンがあるようだ。

渋谷手コキの素人たち